秋山薫・Nikon Df「散歩は続くよファースト・シーズン」(アメリカでは)

いったい右はどこへいったの!

Nikon Df/AI Nikkor 85mm F1.4S/F2.8/絞り優先AE/ISO180/WB:4,760K/ピクチャースタイル:スタンダード(彩度:+1.0、色相:−1.0)/RAW

アメリカでは

筆者がむかし聴いていたPIZZICATO FIVEという音楽グループの解散直前のアルバム『さえらジャポン』(2001年)のなかに、谷川俊太郎作詞、黛敏郎作曲、雪村いづみとデューク・エイセスが歌う『アメリカでは』という曲があります。

ひさしぶりにそのことを思い出したのは、散歩をしていてサンダルが片方だけあるのを見つけたから。右はどうしたのさ!

どうして前述の曲を思い出したかというと、きっとこういう一節があったからです。

「アメリカへゆけば/顔を洗うのもコカ・コーラ」

すみません、帰ります

そうして鼻歌を歌いながら隣の駅まで歩いたら、駅前にモップが逆さに立ててあるのを見まして。ほうきではありませんが、「あんた、もう帰って」という意味なのかしら。「もしかして、アメリカではそんな意味になるとか」など被害妄想気味に思うとドキドキが止まりません。

私がいるのはアメリカではないですけど。

帰れっていうことかな……

Nikon Df/AI Nikkor 85mm F1.4S/F2.8/絞り優先AE/ISO720/WB:4,760K/ピクチャースタイル:スタンダード(彩度:+1.0、色相:−1.0)/RAW

PIZZICATO FIVE『さえらジャポン』は2006年に日本コロンビアから再販されていて、いまでも新品で買えるんですね!

バケツつき回転式モップというのも楽しそうです

映画にもなった魔夜峰央原作『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』 もいかがですか〜

秋⼭ 薫 Kaoru Akiyama
1973年生まれ。鉄道に興味があって写真を始め、いつのまにかカメラ・写真好きに。
専攻はロシア芸術史。もともとは単焦点レンズと一眼レフが好きだったのに、
ソビエトカメラも好きになったあたりからは、試写したカメラはたいてい好きになる幸せ者。
月刊カメラ誌編集部員、季刊カメラ誌編集長を経験。現在はおもにカメラ・写真関連記事の
編集者・写真家として活動し、『ぼろフォト解決』シリーズの編集・執筆も行っている。
個人ブログ https://saliut1500s.blogspot.jp/