秋山薫・EOS 6D Mark II の「AF フレームダイレクト選択」が推し!

はじめまして!
こんにちは。『ぼろフォト解決シリーズ』の『脱・初⼼者マニュアル』の撮影、執筆、編集や
『Foton 電⼦写真集』の機種別レポートや作例集の英訳版の編集を⾏っている秋⼭ 薫です。
ときおり、Web媒体でも⽤品レポートなどを⼿がけています。
「ちょっと古いもの」にロマンを感じることが多く、古い列⾞や航空機を撮ってはしみじみしています。
『しみじみ鉄道写真』のシリーズも出しています。
そんな筆者がいまみなさんに『こりゃあ便利だぜ!』と広めたくてたまらないのが、
EOS 6D Mark II を使⽤した際に⽤いた「AF フレームダイレクト選択」の設定なのです。

ボタン操作がひとつ多い気がして
筆者はこういう仕事柄、各社のカメラをあれこれ使う機会がさいわいたくさんあります。
ありがたいことですね。とはいえ、もともと私物で使っている⼀眼レフは⻩⾊がシンボルカラーの
あのメーカーであり、EOSミドルクラスは以前所属していた会社で⽤いていたくらいで、
ここ数年はEOS Kiss を⽤いることはあっても、EOSミドルクラス以上のカメラを
じっくりと⽤いて撮影する機会がありませんでした。

だから、最新のEOS のカタログスペックは知っていても、カスタマイズがどこまでできるかを
知らなかったという前提があります。そこで、EOS に慣れているとは⼝が裂けても⾔えない筆者が
EOS 6D Mark IIを⼿にとってオートフォーカスを⽤いる際にまず⼾惑ったのは、
AFフレームの任意選択を⾏う際に、初期設定ではまず「AF フレーム選択ボタン」を推してから
マルチコントローラーを動かすという動作。

筆者のふだん⽤いているカメラでは背⾯のコントローラー(マルチセレクター)を動かすだけで、
このAF フレームを選択することができるからです。
また、最近のミラーレス⼀眼では、電⼦ビューファインダーを⾒ながら背⾯モニターをタッチして
AFフレームの任意選択ができる機種も増えています。
そんなカメラに慣れた筆者には、AFフレームの選択時に「ボタンを押す」という動作が
ひとつ多く思えてならなかったのです。

 

カスタムファンクションに神はいた
筆者はもちろん、どんなカメラにでも慣れることはできるし、それできちんと撮影できる⾃負はあります。
だから、上記の初期設定も「まあしかたないのかな」とも思いました。
けれど、説明書も参照しつつ「カスタム機能メニュー」を⾒ていたら、
「C.Fn III:操作・その他」の「4:操作ボタンカスタマイズ」で「マルチコントローラー」に
「AF フレームダイレクト選択」を割り当てることが可能であることに気づきました。

これですよ! これを設定すれば、「AF フレーム選択ボタン」を押さないでも、
マルチコントローラーを動かすだけでAF フレームの選択ができるようになるのです。

 

 

「ちょっと古い」のは筆者そのものかも
なお、筆者が感激して齋藤さんに話したところ「それ、前からあんじゃねー」と
じつに⼼温まるお返事をこそたまはりけれ。
「こそ+けりの已然形」の係り結びですからね。どうしたんだろう……おかしいね。涙が⽌まりませんよ。

なにやら、調べていくとEOS 7D あたりでこの設定ができるようになったようなのですが、
考えたらEOS 7D も筆者はカスタマイズして使ったことがありませんでした。
Kiss にはこの機能がありません。
とはいえ、こういうところも、「ちょっと古い」筆者らしい気もします。
ともあれ、EOSヘビーユーザーではないみなさんだと、
この機能は知らないのではないかと思い、筆を執ったしだい。
みなさんのお役に少しでも役⽴ては、筆者が係り結びまで使ったかいがあるというものです。


秋⼭ 薫 Kaoru Akiyama
1973年生まれ。鉄道に興味があって写真を始め、いつのまにかカメラ・写真好きに。
専攻はロシア芸術史。もともとは単焦点レンズと一眼レフが好きだったのに、
ソビエトカメラも好きになったあたりからは、試写したカメラはたいてい好きになる幸せ者。
月刊カメラ誌編集部員、季刊カメラ誌編集長を経験。現在はおもにカメラ・写真関連記事の
編集者・写真家として活動し、『ぼろフォト解決』シリーズの編集・執筆も行っている。
個人ブログ https://saliut1500s.blogspot.jp/