APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical 軸上色収差チェック

チャートを撮影するだけでうっとりできる至宝の1本


Voigtländer APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical軸上色収差チャートチェック

画像をクリックすると大きな画像で詳細にチェックいただけます。

Voigtländer(フォクトレンダー) APO-LANTHAR(アポランター) 35mm F2 Aspherical軸上色収差チャートチェック


 Voigtländer APO-LANTHAR 35mm F2 Asphericalも、さすがに絞り開放から軸上色収差がゼロというわけにはいかないようです。とはいえ、色付きはごく少量。一般的なレンズならほぼないといってよい状態。さらに驚くのは1段絞ったF2.8でほぼ色付きがなくなることです。この収差の少なさが高い解像力を支えているのでしょう。また、前ぼけ、背景ぼけともになめらかで美しい傾向にあることもわかります。

Voigtländer APO-LANTHAR 50mm F2 Asphericalも脅威的な性能でしたが、Voigtländer APO-LANTHAR 35mm F2 Asphericalも軸上色収差のチャートを撮影するだけで、軸上色収差の少なさはもちろん、ぼけの傾向や立体間などうっとりするような結果です。
現在「Voigtländer APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical レンズデータベース」を鋭意制作中ですが、速報として「軸上色収差チェック」をお伝えしました。
Voigtländer APO-LANTHAR 35mm F2 Asphericalの結果だけでは、わかりづらいと言う方も多いと思いますが、次回はSIGMA 35mm F2 DG DN | Contemporaryの軸上色収差チェックを紹介したいと思っています。
ぜひ、次回もご覧ください。

※本ブログの記事は、現在鋭意制作中の電子書籍『レンズデータベースシリーズ』の解像力チャート部分を掲載したものです。
※解像力チャートのほか、ぼけディスク・周辺光量落ち・最短撮影距離の実写チャートによる詳細な評価などはぜひ電子書籍をご覧ください。

『Voigtländer APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical レンズデータベース』は現在鋭意制作中です。
もしよければ先に現在好評発売中の『Voigtländer APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical レンズデータベース』をご覧いただけると幸いです。



ぼけや周辺光量落ちなども詳細に解説した電子書籍『PERGEAR(パーギア) 12mm F2 レンズラボ』もぜひご覧ください


Amazon Kindle電子書籍として好評発売中です。

Voigtländer APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical レンズデータベース: Foton機種別作例集297 解像力・ぼけ・周辺光量落ち・最短撮影距離 実写チャートでレンズ性能のすべてをみせる! Sony α7R IIIで撮影
Amazon kindleのサブスクサービスUnlimitedにも対応しています。

ぼろフォト解決シリーズでは、各種レンズを実写チャートに基づいて、詳細に解説しています。
電子書籍はAmazon Kindleで販売してます。以下のサイトから「レンズデータベース」もしくは「レンズラボ」で検索してください。
https://www.amazon.co.jp/
また、動画でそれぞれのレンズを解説したYouTube版「ぼろフォト制作委員会」(https://www.youtube.com/channel/UCT6ZnpxPkAqQFm8bQbt2FNA)もご覧いただけると幸いです。

■レンズの詳細はこちらからどうぞ。アマゾンの商品ページにリンクしています。

■電子書籍での完全版をぜひご覧ください。Amazon Kindleストアにリンクしています。
35mmは鋭意制作中です。先に50mmの結果もぜひご確認ください。
Kindle Unlimitedの読み放題にも対応しています。

※ぼろフォトブログ(https://boro-photo.com/)はアマゾンアソシエイトからの収益で運営しています。
紹介商品や電子書籍などの購入は下記からお願いできると幸いです。

 

齋藤千歳 Saito Titoce
 Amazon Kindle電子書籍『ぼろフォト解決&Foton電子写真集シリーズ』代表、
カメラ・写真ブログ「Boro-Photo」代表。
 月刊カメラ誌の編集者を経て、北海道・千歳市を拠点に車中泊で全道各地を撮影、
カメラ・写真および北海道関連の電子書籍の撮影・執筆・編集・出版を行っています。
カメラのキタムラさんが運営する
ShaSha(http://shasha.kitamura.jp/)および
学研さんのCAPA CAMERA WEB(https://capa.getnavi.jp/)でも
レンズレビュー連載およびカメラバッグレビュー連載を担当しています。
特選街web(https://tokusengai.com/)でカメラ関連および各種レビューを執筆。
焦点工房(http://stkb.co.jp/)の連載コラム「レンズチャートは囁く」を公開中。
PASHA STYLE(https://pasha.style/)にてレンズレビューを連載中。
ケンコー・トキナー公式インストラクター No.021、
北海道ファンマガジン(https://pucchi.net/)Sクラス認定ライター。
 ケンコー・トキナー公式写真ブログでも連載中。
 Facebookはtitoce.saitoです。
 カメラ・写真および北海道関連のよろずお仕事承ります。