NIKKOR Z 85mm f/1.8 S レンズデータベース 齋藤千歳の結論

NIKKOR Z 85mm f/1.8 S レンズデータベース 齋藤千歳の結論

※本ブログは、電子書籍レンズラボシリーズやレンズデータベースシリーズを結論部分を掲載したものです。
※解像力・ぼけディスク・周辺光量落ち・最短撮影距離の実写チャートによる詳細な評価などもご覧いただくにはぜひ完全版である電子書籍をご覧ください。

圧倒的な解像力と美しいぼけ
ほれぼれとするような実写チャートの撮影結果をみせる魅力の1本

 NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは、NIKKOR Z 50mm f/1.8 S、NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sに続く、3本目のニコン Zシリーズ用の純正単焦点レンズになっています。その描写の性能は、これまで各種実写チャートを撮影し、非常に高い性能を実感してきたNIKKOR Zシリーズの単焦点のなかでも「ピカイチ!」といえます。NIKKOR ZシリーズのS-Lineの開放F1.8単焦点レンズは、どのレンズも絞り開放から画面中央部はもちろん、周辺部まで高い解像力を発揮します。NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは、なかでも画面周辺部までの解像力が高く、画面全体の解像力をアップするために、絞りを絞る必要を感じないレベルです。撮影者は、表現上ほしい被写界深度のことだけを考えて、絞りを選択できます。また、カメラ本体による「自動ゆがみ補正」の効果もあるのでしょうが、歪曲はほぼありません。さらに開放絞り時の画面周辺においても、収差らしきものを観察することもできませんでした。人によっては、シャープすぎると評価する人もいるであろうレベルで高い、すばらしい解像力を手に入れられます。
 ポートレートレンズと呼ばれることも多い85mmのレンズですので、ぼけの美しさに期待する方も多いと思います。このぼけについても、NIKKOR Z 85mm f/1.8 Sは最上級レベルです。ぼけチャートは収差などが原因と推測されるフチの色つきもなく、非球面レンズの影響といわれることの多い同心円状のぼけのなかのシワとザワつきも観察されません。絞り開放では中央部分と周辺部分で口径食などの影響による玉ぼけの形の違いはありますが、F2.8まで絞るとほぼ同じ形になります。
 抜群の解像力と美しく自然なぼけは、ピントを合わせた主題を圧倒的な描写力で写真のなかに浮かび上がらせます。収差の軽減にも効果が高いというマルチフォーカス方式のAFも機敏で気持ちよくピント合わせができるレンズです。約10万円と高価な単焦点レンズなのですが「この性能で10万円は安い!」と思わせる力があります。Nikon Zシリーズユーザーであれば、ぜひ手に入れるべきレンズです。

■電子書籍での完全版をぜひご覧ください。
Kindle Unlimitedの読み放題にも対応しています。

■商品の購入はぜひ、こちらから。

 

齋藤千歳 Saito Titoce
 Amazon Kindle電子書籍『ぼろフォト解決&Foton電子写真集シリーズ』代表、
カメラ・写真ブログ「Boro-Photo」代表。
 月刊カメラ誌の編集者を経て、北海道・千歳市を拠点に車中泊で全道各地を撮影、
カメラ・写真および北海道関連の電子書籍の撮影・執筆・編集・出版を行っています。
カメラのキタムラさんが運営する
ShaSha(http://shasha.kitamura.jp/)にてレンズレビューを連載中。
ケンコー・トキナー公式インストラクター No.021、
北海道ファンマガジン(https://pucchi.net/)Sクラス認定ライター。
 ケンコー・トキナー公式写真ブログでも連載中。
 Facebookはtitoce.saitoです。
 カメラ・写真および北海道関連のよろずお仕事承ります。